当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

英国住宅不動産

機関投資家の皆様が優れたインカムを長期に渡って獲得する格好の市場が、英国の住宅セクターです。最近の市場動向には、このことがますますはっきりと示されるようになっています。M&Gリアル・エステートは、英国民間賃貸住宅(PRS)セクターにおける最大の投資家の一社として、商業用不動産分野で培った経験と住宅分野における専門性を融合し、プロフェッショナルかつ機関投資家的な運用手法でコストの最小化とリターンの最大化を目指します。

弊社は、英国PRSセクターは欧州連合離脱による短期的なボラティリティの高まりに対する耐性がとくに強いと考えています。当セクターは、1990年代と2000年代にそれぞれ発生した市場の急落局面でもディフェンシブな特性を発揮した実績があり、当時の住宅不動産セクターの下落率は商業用不動産と比べて低かったほか、その後の回復局面でもいち早く下落前の水準に戻りました。

人間には住む場所が不可欠ですが、経済面での不透明性により住宅を購入するよりも賃貸を検討する人が多くなる可能性が高く、これにより賃貸水準が下支えされると思われます。

英国住宅不動産に投資する主な5つの理由:

  • リスク調整後リターンの良好な実績
  • 商業用不動産やその他のタイプの不動産等に対する低い相関性による分散効果のメリット
  • 景気の下降局面でもディフェンシブな特性が発揮されます
  • 英国は西欧で最も人口増加率が高い国の一つであり、住宅市場の需給不均衡が長期に渡って続いている
  • プロフェッショナルな投資家は、アクティブな運用と投資規模の優位性により付加価値を獲得することが可能