当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

英国不動産

英国不動産市場は、成熟度、流動性、分散度のいずれにおいても、世界で最も水準の高い市場の一つであり、長期に渡って安定した高水準のインカムと不動産価格上昇を期待することができます。短期的には欧州連合(EU)離脱という国民投票の結果によるボラティリティ上昇の影響を受ける可能性がありますが、こうした長期的な魅力には変化がないものと弊社は見ています。

英国不動産市場における主な5つのトレンド:

  • 英国債と比較すると英国不動産市場は引き続き魅力的
  • 市場の不確実性を背景にコア物件とノン・コア物件の価格差が拡大していることから、長期投資を行う上で魅力的な投資機会が多く見られる
  • ロンドン中心部のオフィス・セクターはブレグジット(英国のEU離脱)によるマイナスの影響を最も大きく受ける見込みだが、他のセクターは比較的底堅く推移するとみられる
  • 逆風に対抗するためには、セクターとロケーションを幅広く分散したポートフォリオの構築が求められる
  • ポンド安は海外投資家の英国不動産に対する魅力を高めるため、市場の下支え要因となるとみられる

M&Gリアル・エステートを通じて投資を行うことにより、弊社の規模、経営資源、150年に及ぶ経験のメリットを活かし、長期に渡って優れたリターンを獲得することが可能です。弊社では、オープン・エンド型投資商品、個別口座運用、パートナーシップといった形態を通じて、お客様が英国市場の全セクターにアクセスするお手伝いをいたします。

英国不動産市場見通し