当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

アジア不動産

アジア太平洋の不動産市場規模は既に世界最大となっており、その成熟度、透明性、流動性がますます向上しています。このため、以前はオポチュニスティック投資家が大勢を占める市場でしたが、現在では、十分な選択肢を備えた魅力的なコア不動産のユニバースが形成されるに至っています。

投資家の観点からは、アジアの力強い経済成長という後押しを受け、長期的に持続可能なリターンを達成するとともに、リスク許容度を上げることなくポートフォリオのリスク調整後パフォーマンスを向上させることが可能です。

アジア太平洋不動産市場における主な3つのトレンド:

  • アジア太平洋地域の景気見通しは良好で、今後世界経済のけん引役となると見らるが、その多くは中国経済の動向に大きく左右される
  • 主要市場全体で景気見通しが好調であることから企業の事業拡大意欲が強く、オフィス需要が好調
  • 機関投資家のアジア太平洋地域のアロケーション比率が上昇しているため、コア物件やコア・プラス物件の獲得競争がとくに激化

M&Gリアル・エステートがアジア太平洋地域で現在どのセクター・地域を最も有望と見ているのかにつきましては、弊社リサーチ・チームが作成した最新のレポートをご覧ください。

アジア不動産市場見通し