当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

投資白書

当社投資専門チームによる金融市場動向レポートや投資白書を掲載しています。

BV-edit-promo

Bond Vigilantesブログ
弊社債券運用チームによる、インフレ動向、各種金利、世界経済など債券市場に影響を与える情報に関しては、
Bond Vigilantesブログ をご参照ください。



お知らせ
M&G plc は2019年10月21日をもってPrudential plcから分離し、ロンドン証券取引所に上場しました。2019年10月21 日以降、Prudential plcはM&G Investments の関係会社ではありません。M&G Investments Japan, M&G Real Estate Japanは、M&G plcの日本における関係会社で、当ウェブサイトに掲載の2019年10月21日以前発行のレポートに表記されたPrudential plcは、レポート発行時点の情報に基づくものです。

検索

絞込み検索

2020 5月

04/05/2020

新型コロナウィルス感染拡大によるアフリカの債務懸念

当社のエマージング債券ストラテジストのGregory Smithが新型コロナウィルス感染拡大によるアフリカの債務懸念についてレポートをリリースしていますので、ご参照ください。

全文を読む

04/05/2020

ハイイールド債市場の現在

当社のハイイールド戦略ファンド・マネージャーのGregory Smithが3月のハイイールド債市場を振り返るレポートをリリースしていますので、ご参照ください。

全文を読む

04/05/2020

欧州金融機関の配当停止、金融ハイブリッド証券投資への影響

当社の金融セクターのクレジットリサーチを統括するDavid Coveyが欧州金融機関の配当停止がもたらす金融ハイブリッド証券への影響についてレポートをリリースしていますので、ご参照ください。

全文を読む

2020 4月

M&G Investments

15/04/2020

インパクト企業による新型コロナウイルスへの取り組み

新型コロナウイルスのパンデミックが引き起こしている社会的コストと人的な被害は、多くの持続可能な開発目標(SDGs) により多くのリソースを振り向けることが喫緊の課題であることを鮮明にしました。この分野において、社会と環境にプラスのインパクトを与える経営理念を持つ企業をサポートする、インパクト投資戦略は変化をもたらすことが可能だと当社は確信しています。

全文を読む

Gareth Jandrell

01/04/2020

クレジット相場の振り返り

当社のクレジット戦略ファンド・マネジャーのGareth Jandrellがここ数週間のクレジット相場を振り返るレポートをリリース致しましたので、ご参照ください。

全文を読む

2020 3月

M&G plc

24/03/2020

M&G plc の新型コロナウイルス対応

詳しくはこちら

13/03/2020

ポジティブ・インパクト株式戦略:年次インパクトレポート

当社は、投資収益もさることながら、社会的・環境的にポジティブなインパクトを与えることを目標にしている企業に長期投資を行います。
全文を読む

Bond Vigilantes

04/03/2020

クレジット相場の見通し

当社は現在のスプレッド水準、市場環境下からバリュエーション面に懸念があると考えます。2018年はその後、バリュエーション面で値の重い展開が続き、Q1に割高銘柄を売却すべきだったと考えます。今後数か月は資金流入が続いていることなどから引き続きスプレッドの縮小が見込まれる一方、現在のスプレッド水準や不確定要素の多い市場環境下、現在がリスク・オンのタイミングではなく、今後、より良いタイミングがあると考えます。

全文を読む

M&G Investments Japan株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2942号
加入協会:一般社団法人投資顧問業協会