当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

投資白書

当社投資専門チームによる金融市場動向レポートや投資白書を掲載しています。

BV-edit-promo

Bond Vigilantesブログ
弊社債券運用チームによる、インフレ動向、各種金利、世界経済など債券市場に影響を与える情報に関しては、
Bond Vigilantesブログ をご参照ください。



お知らせ
M&G plc は2019年10月21日をもってPrudential plcから分離し、ロンドン証券取引所に上場しました。2019年10月21 日以降、Prudential plcはM&G Investments の関係会社ではありません。M&G Investments Japan, M&G Real Estate Japanは、M&G plcの日本における関係会社で、当ウェブサイトに掲載の2019年10月21日以前発行のレポートに表記されたPrudential plcは、レポート発行時点の情報に基づくものです。

検索

絞込み検索

2020 2月

M&G Investments

05/02/2020

Investment case - 欧州大陸不動産市場

欧州大陸の不動産市場は投資家に幅広い投資機会を提供し、欧州大陸の経済回復の機を捉え、インカム収入獲得を目的とするコアの投資商品と同レベルのリスク量でありながら、分散化のメリットを享受できる市場です。

全文を読む

2020 1月

21/01/2020

新興国債券市場:2019年レビューと2020年見通し

2019年は現地通貨建て、外貨通貨建て、社債等の銘柄選択に左右されない好調な1年でした。2020年も利下げを継続する新興国の中央銀行は少ないことを考えると、通貨が収益のドライバーとなる可能性が高いと考えます。

全文を読む

2019 12月

M&G Investments

27/12/2019

アジア不動産市場見通し

緩和的なマクロ金融政策とバランスの取れた需給環境が継続し、好調な不動産収益が維持されると予想する。

全文を読む

17/12/2019

銀行間取引指標金利をLIBOR (その他の銀行間取引金利を含む) から変更

LIBOR (ロンドン銀行間取引金利) が廃止されることが決定されています。LIBORやその他のほとんどの銀行間取引金利 (IBOR) が信頼性の高い指標金利に置き換えられます。その他の指標金利の置き換えも進められています。
詳しくはこちら

M&G Investments

06/12/2019

欧州と米国レバレッジド・ローン投資の比較

本稿では、ローン投資における全般的なメリット、欧州および米国市場の主な特徴、ポートフォリオ分散の一環として機関投資家が欧州のローン市場を検討すべき理由に焦点を当てます。

全文を読む

M&G Investments Japan株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2942号
加入協会:一般社団法人投資顧問業協会