当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

不動産

弊社の責任ある不動産投資アプローチについてご覧ください。

弊社のアプローチ

多くの環境・社会的課題が不動産価格をますます左右するようになる中で、弊社は、これらの課題に対して積極的な管理・対応を行っています。弊社の責任不動産投資戦略では、以下の4つの分野に焦点を当てています。

1. 銘柄選択とリスク管理を通じてポートフォリオの耐性を確保する

バイ・アンド・ホールドを行う各投資対象の環境・社会・経済的なリスクをシステマティックに発見・管理することにより、規制の強化や物理的・社会的変化に対するファンドの耐性を確保します。こうしたリスクに対する検討を銘柄選択とアセット・マネジメントのプロセスに組み込むことにより、長期的なリターンを安定して確保することができます。

2. 保有物件の環境パフォーマンス向上を進める

運営コスト、炭素排出量、天然資源使用量の削減を通じてテナントの獲得や契約継続に役立てる他、弊社自身が環境リスクを適切に管理している証明とします。

3. 物件利用者、訪問者、コミュニティーとの関係の積極的な構築

物件利用者と積極的に関係を構築することにより、各テナントのビジネス・ニーズや物件に対する要件についての理解を深め、空室率最小化とリターン向上に役立てます。また建物・開発プロジェクトの長期的な成功には地域のサポートが重要であることから、訪問者やコミュニティーとも良好な関係を構築します。

4. サプライヤーやパートナーの事業運営や行動についても責任を確保

従業員の獲得や引止めを目的として、職員との交流を行います。また、サプライヤーやジョイント・ベンチャーのパートナーとも密接な交流を行い、そうした業者の運営が弊社が定める基準や原則と確実に合致するよう努力します。

責任ある不動産投資(RPI)

M&G欧州不動産投資戦略:責任投資

投資対象の価値は変動するため、お客様の投資元本は保証されません。