当ウェブサイトに掲載された情報は、プロフェッショナル投資家のみに向けたものです。

ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではありません。 掲載されている感想や評価はあくまでも、作成者自身のものであり、当社のものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報の個人投資家による利用または依存を禁じます。当ウェブサイトを閲覧する前に、「利用条件」をお読みになることをお勧めします。

あなたがファイナンシャル・アドバイザーでここから先に進むことをご希望の場合、確認のため、右側の該当するボタンをクリックしてください。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当ウェブサイトでは、ウェブサイトを最大限利用いただくために、あらかじめ「クッキーを使用する」という設定になっております。クッキーについてより詳しく知りたい、あるいは設定を変更したい場合、「プライバシーおよびクッキーに関するポリシー」をご覧ください。

クリックすることにより、あなたがプロフェッショナル投資家であることを認め、かつこのページから先に進む場合はクッキーの使用を認めることになります。

重要なお知らせ

不正に連絡先等の情報を入手しようとM&G Investments を装った偽サイトへ誘導し、不正にM&G Investments を語り連絡をしてくる金融詐欺に関する報告が多発しております。昨今の不透明な情勢を利用し、 緻密に高度化された方法で、不正に自らの利益を得ようとする犯罪者が増えています。 身に覚えのない 、あるいは知らない連絡先からの連絡には対応せず、十分にご注意ください。もし、金融犯罪が疑われるような場合がございましたら、当社までご連絡ください。

アジア不動産市場見通し

20/09/2019

アジア太平洋地域では、輸出に影響をもたらす世界的な景気後退、貿易摩擦の悪化、IT(情報技術)サイクルの減速など、マクロ経済状況には厳しいものがあるにもかかわらず、不動産市場は引き続き堅調に推移しています。

  • マクロ経済状況には厳しいものがありますが、賃貸収入は引き続き堅調に推移する見通しです。
  • 不動産投資の利回りは、各国の長期国債とのスプレッドが拡大傾向にあるため、さらに低下する可能性があります。
  • 物流施設に関しては、2019~21年にかけて相対的に高いリターンが予測されます。
  • 賃貸オフィスは、ほとんどの市場において空室率が減少していることに加えて、供給管理がなされていることから、今後3年間のオフィス賃料は上昇が期待されています.

全文を読む

M&G Investments Japan株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2942号
加入協会:一般社団法人投資顧問業協会